epicな情報ブログ!!

還付申告の申請方法について税務署に聞いてみた

こんにちは、昨日、源泉徴収票について色々調べながら確認していたら、
受けれていなかった控除があったので
5年以内であれば払い過ぎた税金を返してもらえる「還付申告」の手続きしてみる事にしました。
もちろん、無知な自分にはどこにどう申請すればいいのか分からなかったので、税務署に電話で聞いてみました。

申請方法

・税務署で申請(1月1日住民票にある自治体内の税務署)

・郵送で申請

申請方法は2つあり、直接税務署に行く方法と、必要書類を郵送で申請する方法です

税務署で申請する場合

必要書類:源泉徴収票、障害者手帳、マイナンバーカード、銀行口座(返金先の口座情報)、印鑑

確定申告の相談と申告書の受付期間外だと事前に予約を行った上で税務署に行く必要があるそうです。

今回行う「還付申告」は年末までに行えばいいものなので、確定申告の相談と申告書の受付期間の間に行く必要がないみたいですが、予約して行くのは少しめんどくさいので、必要書類を持ってこの期間内に行く事にしました。

2020年の確定申告の相談と申告書の受付期間

2020年2月17日(月)〜3月16日(月)の間

郵送で申請する場合

必要書類:還付申告書、マイナンバーのコピー、障害者手帳のコピー

還付申告書は国税庁のホームページ「確定申告書等作成コーナー」から作成できます。

これらの必要書類を揃え、郵送する事で申請できます。

今回自分は今年(令和1年)を除いた平成27年〜平成30年の還付申告を行うので、各年一枚ずつ還付申告書が必要みたいです。

少し難しそうだなと感じたので、直接税務署で申請する事にした理由でもあります。

送付先は1月1日住民票にある自治体内の税務署になります。

まとめ

2020年2月17日まで少し時間あるので、それまでに必要書類を揃えて初めての税務署に行ってみたいと思います。